MENU

CAREER

経歴

高校卒業後、看護・福祉の大学に。元々、インターネット系の会社で働くなんて全く思っておらず、病院関係で働きたいと思って研修など行きましたが、思っていたところと色々とギャップがありました。迷いに迷った結果、学校を辞めました。就活するにもお金がかかるので、派遣に登録し、2017年の10月、派遣社員でローカルに入社しました。
なので、ローカルは、私にとっては初めての会社。そして早い段階で認めていただき、「社員にならない?」と声をかけていただき、そのまま社員になりました!

遠くにいながらも、
熊本を感じて
いただける対応を
したい。

VISION

ローカルで働く前は、自分がどうしたいのか?何をしたいのか?ずっとよく分からないままでした。
今は、熊本の良さをもっと全国に広めていきたいなと思っています。
インターネット通販なので、実際に直接目の前にお客様が来られるわけではないけれど、遠くにいながらも熊本の良さを知ってもらえるなと思っています。私たちカスタマーチームは、お電話やメールを通して、お客様と接する職種です。
私たちの対応で、熊本に行ってみたいなと思ってもらいたいですね。なんか気になるな、と思っていただきたいです。
結婚しても、仕事は続けたいです。何でも、「まずしてみる」のが好きなので、ローカルでいろんなことに挑戦したいと思っています。

任されること、
それに応えることで
出てくる責任感が
あります。

MESSAGE

学生に伝えたいこと

心掛けていること
ローカルは、一生懸命やる人がすごく多い会社。「分からないからやらない」とか、中途半端なことをする人がいないですね。そして「任せる」ことを大事にしていると思います。だからそれぞれに責任感が芽生えていくのだと思います。
ただ、任せられることが、本人にとって負担にはならないように心掛けています。
カスタマーのパートさんたちのことは、必ず自分も把握するようなチームづくりを心掛けています。
段々、カスタマーセンターにいた先輩の皆さんがいろんな部署に異動する中で、私も社歴が長い社員になってきたので、自然と教える立場になっています。
個人的には、何でも挑戦してみたいので、違う部署にいくとなったらそれはそれで楽しんでやると思います。でも、やっぱり私を育ててくれたカスタマーサービスは好きですね!

会社のここが好き

年齢関係なく、任されているという責任感。今年のテーマは「人を育てる」こと。

毎年、必ず会社で新しいことが始まります。すると私たちのカスタマーサービスは自分の部署の体制を変えないといけないんですよね。
毎年、前年度の反省をしています。昨年の反省は、チームに入ってくるパートさんがどんどん増えていく中で、もっと私が時間をかけて教えないといけなかったなぁ…ということ。

くまもと風土と、ふるさと納税と合わせて、有難いことに多い時には1日400件以上のメールをいただきます。もう、気合でみんなで頑張ろう!とお互い鼓舞し合って少しでも早くお返事できるように返信していきます。
ただ、それでも商品の発送数も年々増えていくので追いつかないこともあります。
けれど、対応が遅れると、お客様にも迷惑をかけるのでやっぱりなんとか乗り越えていけるような仕組みを作らなければと思っています。私を育ててくれたカスタマーチームをより強いチームにしていきたいんです。個人的には、「人を育てる」が今年のテーマですね。

やっぱり「任されている」というのをすごく感じるので、それに応えたい!と思うのが一番の原動力になっています。
そしてお客様に喜んでもらえたら一番嬉しいですね。当たり前なのですが、クレームが続くと、みんながモチベーションが下がってしまいます。
そうならないように、頑張ってお客様の期待に応える。そしてクレームから何度も買っていただけるリピーターになっていただけると、顔は見えないですが本当に嬉しいです。
なんでも、最後までやり遂げたいんです。
最後はないんですけど。笑 

お叱りをいただくこと
から始まった、
有難いご縁が
たくさんあります。

PROJECT
STORY

時には、お客様からお叱りをいただくこともあります。
そういう時こそ、お客様の立場に立って誠実にご対応したいと思っています。中には、お叱りをいただいた時の私たちの対応に感動していただき、長野県のお客様だったのですが、長野で作っている美味しいリンゴを送ってくださる方がいらっしゃいます。その方以外にも、毎年お米を送ってくださったり、お礼のお手紙をくださったり…色々なお客様がいらっしゃるんですよ。

普通に考えたら、お送りいただくのにお金もかかるし、送らないとは思うんですよね。そういったものをお送りいただくお客様とは、実際には会ったこともなくて、基本的に電話かメールでのやり取りです。お顔を合わせたこともない私たちのことを気にかけてくださるんです。お顔を拝見したこともないお客様に可愛がっていただいているのは不思議な感覚ですが、嬉しいです。
そんなお客様が増えたのは、社員だけの力ではなく、お叱りのお電話を第一線で取ってくれるパートさんのおかげだと思って、感謝しています。

ちなみに「鹿田さん、いる?」と名指しでお電話をいただくこともあります。ご対応する中で「この人と話したい」と思ってくださるみたいです。お電話だけでなく、ネットショップのレビューでも「鹿田さんの対応が…」とわざわざお褒めの言葉を記載いただけることがあります。
個人情報が…と思いながらも、めちゃくちゃ嬉しいですね。笑 本当にこの仕事やってよかった!と思う瞬間です。

他の社員も見る

#デコポン採用