MENU

OUR STORY

私たちの八方よし物語

販売者の観点から見えた、農業の課題と自身の在り方について【平木一圭】

  • 八方よし
  • 対農家様
  • 理念・ビジョン

販売者の観点から見えた、農業の課題と自身の在り方について【平木一圭】

学生時代に農業研修の経験はありましたが、消費者ではなく 販売者として参加することにより、以前とは違った観点から 農業と向き合うことが出来ました。 日々、自然と向き合う過酷な業務はさることながら、 就業者の高齢化に伴い逼迫しつつある 農業の現状をお伺いすることが出来ました。 特に、他作物においては盛んに行われている外国人留学生の受け入れも 「米」は国の支援制度適用外の為受け入れが出来ず、低下

農家さんの現状から「志事」の大切さを知る【小野将大】

  • 八方よし
  • 対農家様
  • 理念・ビジョン

農家さんの現状から「志事」の大切さを知る【小野将大】

お米の袋詰め作業をしましたが、 30キロの重さの袋を縛りパレットに載せる作業は 力仕事で手が痛くなったり、足がパンパンになりました。 お米の袋を縛る際、線に合わせて三つ折りにしたり、 硬いひもを結ぶのは苦戦しました。 3人でも上手く回るのが大変だった作業を宮本さんは 一人でやってるとのことで凄さを実感しました。 また、宮本さんのお話の中で大雨の影響による収穫量の減少や 昨年よりも米30キロ当た

梨の収穫から感じた、ふるさと納税への想い【木下将孝】

  • 八方よし
  • 対農家様
  • 理念・ビジョン

梨の収穫から感じた、ふるさと納税への想い【木下将孝】

1年以上振りの農業研修、 そして梨の収穫は恥ずかしながら初めての経験だったのですが、 梨を傷付けずに収穫するための繊細な手作業、 選果や梱包対応の大変さを実際に体感することが出来ました。 また、選果時にほんの少しの傷みや傷で弾かなければいけないことが とてもとてももったいなく、 尚更ご家庭用規格をしっかり売っていかねばならないと強く感じました。 ふるさと納税では産直で1シーズンに 3000ケースほ

私たちの八方よし物語

SERVICE SITE