MENU

CAREER

経歴

専門学校卒業後、熊本で、20歳から映像系の会社に就職し、CMやテレビ番組のカメラマンや音声さんをしていました。
もちろんやりがいもありましたが、不規則な生活が続き……
例えば、パチンコ番組の撮影なんかで、閉店後の深夜のお店に行って撮影なんてことが結構多くて。これは一生続けることはできないな、せっかくなら一生できるデザインの全般的な仕事がしたいなと思って、24歳で転職を決めました。

自分の手で、
世の中に
形として
残るものを作りたい!
まずは、
楽天ショップ・
オブ・ザ・イヤー
の中に
「動画賞」

VISION

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーの中に「動画賞」というジャンルがあるのをご存知ですか。動画を効果的に商品紹介・店舗運営に活用したショップが選ばれるんです。入社時から、「取れるといいね!」と話していました。入社した最初の年は、色々作ったけれど、擦りもしなかった。笑
ローカルに入社した時から、今でもずっと「自分の手で、世の中に形として残るものを作りたい」という想いが一貫してあります。

自分のデザインで、
喜ぶ方の声が
リアルで聞ける
嬉しさ。

MESSAGE

学生に伝えたいこと

毎日が成功体験の連続。
私たちは、アーティストではなく”とにかく結果の出るデザイン”を追求しています。デザインの概念にもよりますが、デザインの勉強をしたい!と思って入社した人たちはギャップを感じると思います。
ふるさと納税のページ制作をしていた時に、ある農家さんの取材に同行したことがあります。ローカルは農産物の写真撮影も自社で行っています。アスパラガスの写真を撮って、ページを作って。凄く沢山の寄付が集まりました。
その結果、全国のふるさと納税ランキング総合上位にランクインしました。ふるさと納税の返礼品は農家さんが手配をされるので、寄付金が集まればあつまるほど手配する量が増えて、生産者の方に成果が肌感で伝わります。
後日、また取材に伺った時に、すごく喜んでくれました。そういう、生産者の方のリアルな声が聞けるのは、やっていて本当に楽しいです。今はチーム内で通販のデザインとふるさと納税のデザインと分担して制作していますが、以前はどちらもやっていたので、本当にすごい量のデザインを経験できましたし、その分たくさんの喜びの声をいただくことができました。
また、この年齢でチームを持たせていただき、自分が部下のマネジメントをやっているなんて思ってもいませんでした。ローカルは、若手にも裁量権が多くあり、任せていただく機会がとても多いと思います。

会社のここが好き

デザイナーが、デザイナー本来の力を発揮できるように。
制作チームは、とてもいい環境でやらせてもらっています。

社長がもともとWeb制作の会社にいたということで、社長ももちろんですが、取締役も制作チームへの理解があるなと思います。
現在、制作チームのメンバーは、制作チーム専用の部屋を使っています。「使う脳が違うから、ストレスを与えたくないんだよね。やっぱりデザイナーは、柔軟なアイデアを出さないといけないからね」と。むしろ申し訳なくなるくらい、優遇してもらってるなぁ〜と思います。笑
また、一般的な制作会社でイメージされるような、無理な依頼はほとんどないです。農作物の時期に合わせて、スケジュール管理がきちんとされています。
日々の売上も毎日集計され、共有されています。毎朝、全部署の上の人が集まる朝会があります。そこで、販促の人から「昨日は何が売れました!」と報告されます。制作のメンバーも各モール(※楽天、Yahoo!ショッピングなどのサイト)の管理画面に入れるので、ページの打ち出しを変えたときに、どういう反応があったかな?というのをリアルタイム見ることができます。「本当は、2セットの注文をしてもらいたいけれど、1セットの注文が多い。こういうページの作りにしたらいいと思うんですが、どうですか?」という提案を、私からすることもありますね。

自分の学んだ
デザインを、
枠にとらわれず
フルで活かせる職場

なぜローカルを選んだのか

最初のきっかけは、求人サイトでスカウトが来たこと。自分自身、ネット通販はよく利用していたので、「ネット通販の会社のデザインか、面白そうだな」と興味が湧きました。
「…とはいえ、具体的にネット通販の仕事ってどういうものだろう?」と思いながら、面接に行きました。話を聞いてみると、ローカルのデザイナーは結構自分たちでできる範囲が広いことを知りました。ページ作りのデザインもできる。そして、前職でやっていた動画についても、社内で作れる人がまだいない。動画を導入していきたいという話も以前から出てきているが、まだ手をつけることができていないんだよね、とのことで、これは自分の学んだことをフルに活かせるチャンスだと思いました。
新しいことにも挑戦したかったし、専門学校で学んだスキルをフルで活かした仕事をしたいと思っていたところだったので、迷いなくローカルへの転職を決めました。

PROJECT STORY

プロジェクト
ストーリー

他の社員も見る

#デコポン採用